SPECIAL ISSUE

物がたりのはじまり

read more...

ARTICLES

Love of Home /

端午の節句

5月5日は、我が家の長男の誕生日でもあり端午の節句。我が家でも長男が幼い頃から、毎年5月が近づくとリビングに鎧兜や馬を飾っています。read more...

Love of Home /

ニューヨーク暮らし、はじめてみました

写真家である夫の仕事の都合で1年間だけニューヨークにアパートを借りることになり、私も、先日初めて行ってきました。場所はセントラルパークのすぐ近くのアッパーウエストサイド。借りた部屋は、キッチンとリビング、ダイニング、ベッドルームがひと続きになった、いわゆる広いワンルームステュディオで、ブラウンストーンの壁が素敵な空間です。read more...

Love of Things /

ポルトガルの青い装飾・アズレージョ

「ハウス オブ ロータス」には隠れキャラがいます。それは、お店の壁の“アズレージョ”に描かれた小さな子ども。アズレージョとはポルトガルの装飾タイルのことで、去年リスボンを旅したときに、街中のアズレージョを見て回り、その多様な美しさにすっかり心奪われたのでした。read more...

Love of Food /

朝ごはんで世界を旅する「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」

みなさん、毎日、朝ごはんを食べていますか? 私は朝食をしっかり食べて、一日を始めます。定番は目玉焼き。自宅でも旅先でもほぼ毎朝食べるのですが、海外では国によって少しずつ卵の色と味が違って興味深いのです。read more...

Love of ... /

旅での出合い

世界中の美しいものを求めて、わたしの旅は続きます。read more...

Love of Travel /

英国中の食文化が集まるバラ・マーケットへ

旅をすると、その街の市場をのぞくのが好きです。ロンドンの大学に半年間留学していた長女を訪ねたときに「一日中楽しめるところがあるよ」と連れていってくれたのが、バラ・マーケット(Borough Market)。 新鮮な野菜や果物はもちろんのこと、チーズやパン、ワイン、ジャムや蜂蜜などの加工品などが並び、テイクアウトの屋台もあって、まさに一大グルメ・マーケットです。read more...

Love of Flowers /

スリランカの寺院で出合った祈りの蓮の花

小学生のころ、「かれん」という私の名前に担任の先生が「花蓮」と漢字を当ててくれたことから、ロータス=蓮の花を身近に感じるようになりました。泥の中から懸命に茎を伸ばし、美しい花を咲かせる蓮は、仏教の教えの理想像と言われ、アジアの国々を旅していると多くの仏教寺院で蓮の花のお供えを見かけます。read more...

Love of ... /

バブーシュ

 read more...

Love of Things /

クリスチャンヌ・ペロションの素敵なうつわ

 繊細で透明感あふれるクリスチャンヌ・ペロションさんの器を初めて見たのは、もう10年以上も前のこと。茶道を嗜む弟が、ペロションさんのセラドン色の小ぶりの深皿を茶碗に見立てていて、爽やかな抹茶の色が器の淡い質感と美しく融合した景色に、惚れ惚れと魅入ったことを覚えています。read more...