Love of Fashion

伊勢丹新宿店で4月6日から開催するポップアップストアは、” Long Time No See -フレッシュな自分、フレッシュな気分- ”をテーマに、ハウス オブ ロータスのクリエイティブディレクターである桐島かれんの次女・はんなさんがメインビジュアルのイラストとデザインを担当しています。
Tシャツやトートバッグなど今回、コラボしたスペシャルなアイテムを、桐島はんなさんのインタビューとともに紹介します。
― はんなさんは、アメリカの美術大学に4年間通っていて、日本に戻ってきたのが2年前?

はい。ニューヨークのパーソンズスクールオブデザイン美術大学写真学部に通っていたのですが、4年生の終わりにコロナ禍となり、2020年3月に日本に帰国。この年は、卒業式もオンラインで行われて、大学を修了したという実感がないまま5月に卒業しました。その後、2021年の夏までは、東京でハリウッドのドラマシリーズを制作する会社の制作アシスタントをして、今はフリーランスで、デザインやイラストの仕事をしています。
― ずっと、絵を描くのは大好きだった?

まだ赤ちゃんといってもいい、鉛筆がもてるようになったころから、ずっと絵を描いてきました。
小学生のときに宿題で書いた将来の夢は、「画家になって、100匹の犬と一緒に自然の中で暮らすこと」でした。どこにいくときも、たとえば旅先でカフェに行くときでも、ノートとペンをいつも持ち歩いていて、思いついたときに絵やスケッチを描いています。

小学生のころ、初めてニューヨークに行ったときに美術館のMOMAで、「この絵が好き!」と家族に言ったのが、ルソーの『夢』という作品でした。大学は写真学部だったので、集中して絵を描く機会がなかったのですが、イタリアに留学したときにデッサンクラスを取ったこともあって、今は、絵を描くのと写真を撮るのが日常になっています。
今回のハウス オブ ロータスとコラボしたイラストも、イタリア絵画のインスピレーションを受けているかもしれません。
― オリジナリティにあふれた4つのイラストをビジュアルに、Tシャツやトートバッグができました。どのようなコンセプトで考えましたか?

” Long Time No See -フレッシュな自分、フレッシュな気分- ”という今回のテーマの言葉から、春を迎えて、「お久しぶり!」と人と会う機会が増えそうですし、花も咲き、明るく華やかな新生活のはじまりをイメージしました。

それぞれのコンセプトを説明いたしますね。
<Beach Girl>
母も私も、我が家はみんな海が好きで、このイラストは、家族旅行で訪れたヨーロッパのビーチからインスピレーションを得ました。ポップでフレッシュな色彩とヴィンテージ感のある構図をミックスさせました。Long Time No See という言葉も海の波のように揺れるタイポグラフィです。
<Tiger and Lady>
猛獣であるトラと人が仲良くしているイラストは、パンデミック中に気づいたことをメッセージに込めました。ウィルスは私たちの心に不安や恐怖を植え付けますが、そこから逃げるのではなく、向き合わなければならないと学びました。虎がパンデミックのメタファーです。虎も怖そうに見えるけれども、よく知ればそれほど恐れる動物ではない。

私の好きな言葉に、フランクリン・ルーズベルトの 『There is nothing to fear but fear itself.』つまり『恐れるべきは、恐れそれ自体のみ』というものがあります。恐怖をただ恐れるのではなく、耳を傾けようとすることが大事ではないかと思って描いた絵です。

この絵の女性のように、虎とともに前に進んでいってほしい。お守りのように着ていただけたらうれしいです。
<Tree of Life>
動物や自然と人間が共存していくことをテーマに、アンリ・ルソーの絵画にインスピレーションを受けたイラストです。世界的な環境問題を考えて、地球上の生き物と自然が平等につながっている“サークルオブライフ=生命の循環”のようなイメージで描きました。少しでも環境問題を意識していただけたらと思っています。

胸ポケットの部分には小さな目玉をつけました。ギリシャなどでは、目は、邪悪なものを跳ね飛ばすことができるシンボルです。
<Long Time No See>
テーマの「Long Time No See」に、華やかな春をイメージさせるガーベラの花をモチーフにしました。
ガーベラには「前向き」「希望」といったポジティブな花言葉があります。新しい始まりの季節である春、前向きな気持ちで進んでいきましょう!という思いを込めました。
― Tシャツのシルエットも、オーバーサイズだったり、ショート丈だったり、今年っぽいです。

Tシャツのシルエットは2種類あります。ひとつめは短めのショート丈で、そではゆったり。フレアのロングのスカートと合わせてもかわいいと思います。
もう1種類は、オーバーサイズ。若い子だったらぜひショートパンツと合わせていただきたいです。夏は水着の上に着るのもおすすめ。大人の女性は、ボーイフレンドジーンズでかわいらしく、もしくは、スリムなパンツでもかっこいいと思います。
― ビッグサイズは、気になるお腹周りを隠してくれるのもいいですね。

ちょっとラフな感じで着たほうが、こなれた感じになります。ワンマイルウェアとしてはもちろん、きっと、また旅に出かけることができるようになると思いますので、旅先のカジュアルウェアとしても便利に着こなしていただけるはずです。
トートバッグとともに、これからの季節、ぜひ楽しんでください!
Profile 桐島はんな(Hanna Kirishima)

2020年 N.Yのパーソンズ美術大学(Parsons School of Design)写真学部を卒業後、日本に帰国。ハリウッドのドラマ制作会社での制作アシスタントを経て、現在はフリーランスでイラスト、写真、映像で幅広くアーティスト活動中。クリエイティブグループ Fauveのクリエイティブディレクターとしてデザインの仕事も。

監督撮影し、YouTube「桐島かれん at Home」で公開された「HANNA FILM “Dali by the Sea” シュヌードル犬ダリ 葉山での一日」「HANNA FILM “Impatient Karen” せっかちな かれん」も大反響!

◇桐島はんな インスタグラムはこちら

◇伊勢丹新宿店にて開催 POP UP ” Long Time No See -フレッシュな自分、フレッシュな気分- ”
期間: 4月6日(水) - 4月19日(火)
会場: 伊勢丹新宿店 本館1階 = イセタンリーフ
≫詳しくはこちら